毎年の恒例行事〜ノーベル賞の村上春樹さん〜

ノーベル賞の季節になると毎年日本は文学賞について騒ぎますよね。
「今年こそ村上春樹氏は賞が取れるのか!?」と。
そして毎年取れないというところまでがワンセット。
なんだろう、あまり小説を読まない人にとっては村上春樹さんはノーベル賞をなかなか取れない人みたいな印象になってしまってそうな・・・
もちろんブックメーカーとかで名前が挙がるだけですごいんですけどね。

なんてちょっとえらそうに語っていますが、私自身は村上春樹さんの著書は読んだことが無いです。
「ノーベル賞取れたら記念に読んでみよう」なんて謎の目標を立ててしまったからなんですけどね(笑)
ただ、小説ではなく人となりについてはそこそこ知っています。
それもこれもだいたいノーベル賞の季節になると、色んな雑誌で村上春樹さんについて特集されるから。

それで一番印象に残っているのは彼が小説家を志した瞬間についての話。
なんでも神宮球場で野球を見ていたときにふと「小説家になろう」と思ったとか。
なんだろう・・そういうのを天啓とでもいうのですかね?
それで実際に大小説家になっているのだからすごいなあ。

私もそのうち神様からのお告げがくるかもしれない!
そんなくだらない妄想をしながら今日も元気に仕事に向かいまーす。アンチエージングサプリ公式

この映画が成功してこの問い合わせが多くなった

昨年の秋に「この世界には片隅に」が上映開始となったが最初は上映をする映画館は少なかったと言う。
しかし、口コミがきっかけでこの映画は大ヒットして上映する映画館も広がったと言う。

ほとんどか小さな映画館が中心となっているが満員で上映をしている。
この様な映画を制作するのにはこの様な事をして資金を集めたと言うのが「クラウドファインディング」と言う。

これは一定の期間に目標額が達成できるのかどうなのかと寄付を募ったと言う。
この映画の時には製作費など多くの資金が必要となったが期間内に目標額が達成した事で制作されたと言うことにな。

今回のこの映画の大ヒットによっていろんな所から相談を問い合わせている人もいる事で大きく影響をしている。
アニメ映画でもパソコンなどこうした制作に必要な機材や声優などこうした事があるので費用がたくさんいると言う。

今回のクラウドファンディングを挑戦してどうだったのか聴くこともあると言うがまずは体験だと思う所ある。
そこから挑戦してどのぐらいの額で行くのかここから始まると思っている所だと言う事になる。

今後はこうした事を挑戦する人もいるので面白いかも知れないと言うのです。ミュゼ 予約 同伴者