毎年の恒例行事〜ノーベル賞の村上春樹さん〜

ノーベル賞の季節になると毎年日本は文学賞について騒ぎますよね。
「今年こそ村上春樹氏は賞が取れるのか!?」と。
そして毎年取れないというところまでがワンセット。
なんだろう、あまり小説を読まない人にとっては村上春樹さんはノーベル賞をなかなか取れない人みたいな印象になってしまってそうな・・・
もちろんブックメーカーとかで名前が挙がるだけですごいんですけどね。

なんてちょっとえらそうに語っていますが、私自身は村上春樹さんの著書は読んだことが無いです。
「ノーベル賞取れたら記念に読んでみよう」なんて謎の目標を立ててしまったからなんですけどね(笑)
ただ、小説ではなく人となりについてはそこそこ知っています。
それもこれもだいたいノーベル賞の季節になると、色んな雑誌で村上春樹さんについて特集されるから。

それで一番印象に残っているのは彼が小説家を志した瞬間についての話。
なんでも神宮球場で野球を見ていたときにふと「小説家になろう」と思ったとか。
なんだろう・・そういうのを天啓とでもいうのですかね?
それで実際に大小説家になっているのだからすごいなあ。

私もそのうち神様からのお告げがくるかもしれない!
そんなくだらない妄想をしながら今日も元気に仕事に向かいまーす。アンチエージングサプリ公式